映画「アトランティスのこころ」

公開日:  最終更新日:2019/07/25

映画チラシ:アトランティスのこころ/アンソニー・ホプキンス

映画「アトランティスのこころ」を観ました。

自分のことしか頭にない母と二人で暮らす11歳の少年が、不思議な力を持つ老人と出会い、人生という現実の感動と悲しみを体験する奇跡の物語。

…なんか地味です。
回想録なんだが、地味な部分が妙にリアルなわりにです。

あのおじさんの謎の部分は謎のままです。
そして少女が狙われた理由が納得しにくいです。

少年の視点で見えた世界とするには、あの地味さが気になります。
ラストも偶然の一致にしては変ですし。

じっくり味わえば、別のものが見えたかも知れませんが、久しぶりに眠くなった映画です。

洋画「アトランティスのこころ」 2002年

監督:スコット・ヒックス  小説原作:スティーブン・キング
出演:
アンソニー・ホプキンス:テッド・ブローティガン
アントン・イェルチン:ボビー・ガーフィールド
ホープ・デイビス:リズ・ガーフィールド
ミカ・ブーレム:キャロル・ガーバー
デビッド・モース:ボビー・ガーフィールド(成人)
アラン・テュディック:モンティ・マン
トム・バウアー:レン・ファイルズ
シリア・ウェストン:アレイナ・ファイルズ
アダム・ラフィーバー:ドナルド・ビーダーマン
ウィル・ロッタール:サリー・ジョン
ティミー・ライフス:ナイダーハリー・ドゥーリン
ディアドゥリ・オーコネル:ミセス・ガーバー

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑