映画「タロットカード殺人事件」  ウッディ・アレンのちょっと不思議な世界

公開日:  最終更新日:2020/01/27

ウッディ・アレンの映画「タロットカード殺人事件」を観ました。

ストーリーなどいろいろ無茶があるようですが、なんとも不思議な魅力のある映画です。
ウッディ・アレンのマシンガントークもいい感じです。

でも、よくよく考えてみたら、嘘から出た誠?

洋画「タロットカード殺人事件」 2007年

監督・脚本:ウディ・アレン
出演:
スカーレット・ヨハンソン:サンドラ・プランスキー
ヒュー・ジャックマン:ピーター・ライモン
ウディ・アレン:シド・ウォーターマン
イアン・マクシェーン:ジョー・ストロンベル
チャールズ・ダンス:マルコム氏
ロモーラ・ガライ:ヴィヴィアン
フェネラ・ウールガー:ジェーン・クック
ジュリアン・グローヴァー:ライモン卿
ヴィクトリア・ハミルトン:ヤン
ジム・ダンク
ケヴィン・R・マクナリー
アンソニー・ヘッド
ジョン・スタンディング
ジェフ・ベル
ロバート・バサースト
クリストファー・フルフォード
ナイジェル・リンゼイ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑