映画「狗神(イヌガミ)」 何を伝えたいのだろう…

公開日:  最終更新日:2019/10/20

映画「狗神(イヌガミ)」を試写会で観ました。

怪しげな雰囲気、妖艶な感じは出ているものの、何を望んで作った映画なのかが分からかったです。
客を感動させたいのか、怖がらせたいのか。

カルト的宗教をもつ一家とその村との葛藤を描いているのでしょうが、作り手の主張が感じられませんでした。

映画のチラシの宣伝文句を見直してみても、それを強く感じました。
元は小説なのだろうが、やはり小説で読んだ方が面白いだろうなと思えてしまいます。

役者の演技とかは、決して悪くなさそうなのに。

邦画「狗神(イヌガミ)」 2001年

監督:原田眞人  小説原作:原田眞人
出演:天海祐希、渡部篤郎、山路和弘。淡路恵子、藤村志保、
深浦加奈子、遊人、矢島健一

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑