映画「リング」 あの演出の是非

公開日:  最終更新日:2020/02/25

映画「リング」をビデオで観ました。

大ブームになった小説の映画化です。
ラストシーンが有名になり、映画もブレイクしました。

小説がブレイクした当時に小説を読んで、映画を観ました。

ラストのTVから飛び出しはダメでしょう。
一気に虚構感が押し寄せると思うのですが、世間ではこの演出がウケて大ブレイクしたようです。

洋画「リング」 1996年

監督:中田秀夫  小説原作:鈴木光司
出演:
松嶋菜々子:浅川玲子
真田広之:高山竜司
中谷美紀:高野舞
沼田曜一:山村敬
雅子:山村志津子
竹内結子:大石智子
佐藤仁美:雅美
松重豊:吉野
村松克己:浅川浩一
大高力也:浅川陽一
伴大介:伊熊平八郎
李鐘浩:小宮カメラマン
柳ユーレイ:岡崎
大島蓉子:玲子の叔母
しみず霧子:大石良美
伊野尾理枝:山村貞子
白井ちひろ:少女時代の貞子

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑