映画「シリアル・ママ」  殺人鬼なのだがどこかコミカル

公開日:  最終更新日:2020/03/04

映画チラシ:シリアル・ママ

映画「シリアル・ママ」をビデオで観ました。

主人公は理想的な母親であるが、常識的なルールを守らないものに対して偏執的なこだわりをもって殺人をしてしまう人物。
どうやら実在の人物がモデルの映画のようです。

極端で残酷な殺人鬼なのですが、どこかおかしくて楽しめる映画です。

洋画「シリアル・ママ」 1994年

監督:ジョン・ウォーターズ
出演:キャスリーン・ターナー、サム・ウォーターストン、リッキー・レイク、
マシュー・リラード、スコット・ウェスリー・モーガン、ジャスティン・ホウェリン、
ミンク・ストール、メアリー・ジョー・キャトレット、スザンヌ・ソマーズ、
パティ・ハースト、ジョーン・リヴァーズ、ウォルト・マクファーソン

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑