映画「デビルマン」   見どころ:妖鳥シレーヌのポスター

公開日:  最終更新日:2020/02/05

映画「デビルマン」をDVDで観ました。
この映画は、漫画版「デビルマン」が原作となります。

役者が下手なのはキャスティング時にわかっていることなので、監督が何とかして欲しかったです。
酒井彩名(牧村ミキ)は、まあ、よくやっているが。

緊張感と場面のつながりが足りないです。

「デーモンになっちゃった」「俺死んじゃった」

デビルマンを代表するジンメンも、あれですますのか。
シレーヌはあんだけ?。
ポスターなみを期待したのが間違いでした。

とにかく、デビルマンの名場面をことごとくスルーしていきます。

子供向けに作ったのが間違いなのかも知れません。
どうせなら残虐R指定くらいで、大人向けに作るべきではなかったのでしょうか。

ラストシーンの「人間は守るべきものだったのか?」
それ以降のセリフは必要ないのでは?

参考:超映画批評「デビルマン」

この映画のいいところは、妖鳥シレーヌのポスターくらいでしょう。

邦画「デビルマン」 2004年

監督:那須博之  漫画原作:永井豪
出演:酒井彩名、冨永愛、ボブ・サップ、船木誠勝

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑