映画「マトリックス」 予想に反して結構地味。

公開日:  最終更新日:2020/01/10

映画「マトリックス」をビデオで観ました。

あの特殊映像CMと今年No.1の映画ということで、期待して観ました。

すると展開が地味で、作り込まれたB級作品という印象を受けました。
うーん、ガッカリ。

あれだけ派手にコマーシャルされると、もっとアクションよりの作品だと思うのだけれど、違ったようです。
押井守の「アヴァロン」みたいな感じです。

予備知識さえなければもっと違う見方ができたでしょうに、残念でした。

洋画「マトリックス」 1999年

監督:ウォシャウスキー兄弟
主演:
キアヌ・リーヴス:ネオ/トーマス・アンダーソン
ローレンス・フィッシュバーン:モーフィアス
キャリー=アン・モス:トリニティ
ヒューゴ・ウィーヴィング:エージェント・スミス
グロリア・フォスター:予言者(オラクル)
ジョー・パントリアーノ:サイファー
マーカス・チョン:タンク
ジュリアン・アラハンガ:アポー
マット・ドーラン:マウス
ベリンダ・マクローリー:スウィッチ
アンソニー・レイ・パーカー:ドーザー
ポール・ゴダード:エージェント・ブラウン
ロバート・テイラー:エージェント・ジョーンズ
マーク・グレイ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑