映画「イキガミ」  最後の24時間にあなたは何をしますか?

公開日:  最終更新日:2020/01/09

映画チラシ:イキガミ

映画「イキガミ」を試写会で観ました。

近年の痛ましい事件を見ていると、仕事に忙しい人間はセクハラに走り、仕事にあぶれている人間は人の死に興味を持つようです。
その原因を推測すると、核家族化により身近な人の死を経験しなくなったことが原因では、と思うようになっていました。

それゆえ、この映画「イキガミ」には特別な思い入れがあります。
でも、3巻まで読んだ程度です。

前説によりサプライズ。
なんと舞台挨拶が、監督と松田翔太となるみさんの3人+「道しるべ」の人から上映後にあるとのこと。

映画はまあ予想通りでしたが、以外に地味なところがリアルでよかったです。
そして、知っていても感動に引き込まれてしまいました。

漫画を読んだときは、設定の勝利だと思いました。
でも1000人に一人は多すぎる気がします。

そしてこの映画は地味さがリアルな感じを引き出している。
ラストがちょっと野心的です。
原作もこうだっけ?

舞台挨拶は、スカイ・クロラと違い、内容が濃かった。松田翔太はいきなりベタな質問。
「もしあなたがたの命があと24時間しかなかったらな荷をしますか?」

超まじめな人らしいです。
というかこの人、こんなに人気があるとは知りませんでした。

映画「イキガミ」 2008年

監督:瀧本智行   漫画原作:間瀬元朗
出演:松田翔太、塚本高史、成海璃子、山田孝之、柄本明

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑