映画:ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

公開日:  最終更新日:2018/04/17

映画「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」を観ました。

とある何者かがペンタゴンに侵入し、ベトナム戦争の記録を盗み出します。
その文書を手に入れられるリークがあり、ワシントン・ポスト内で掲載するかどうかという顛末とその後を描きます。

なかなか緊張感があり、よかったです。

この事件によって表現の自由が見直され、そしてこの流れからウォーターゲート事件へと派生していくラストもいい感じです。

洋画「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」 2018年

監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:
キャサリン(ケイ)・グラハム: メリル・ストリープ
ベン・ブラッドリー: トム・ハンクス
トニー・ブラッドリー: サラ・ポールソン
ベン・バグディキアン: ボブ・オデンカーク
フリッツ・ビーブ: トレイシー・レッツ
アーサー・パーソンズ: ブラッドリー・ウィットフォード
ロバート・マクナマラ: ブルース・グリーンウッド
ダニエル・エルズバーグ: マシュー・リス
ラリー・グラハム・ウェイマウス: アリソン・ブリー

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PAGE TOP ↑