映画「エヴァンゲリヲン新劇場版Q」

公開日: 

エヴァンゲリヲンQ:サードインパクト後の世界

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を観てきました。
エヴァの良さはまず世界観。映画が始まるとその世界観に浸ることができて、テンションがあがります。
でも今回は「巨神兵、東京に現わる」という実写的映画から始まるので、なんじゃこりゃという感じです。
それが妙にエヴァくさい巨神兵。加えて、林原めぐみのモノローグだから余計にです。
なんか、前回のエヴァンゲリヲン新劇場版・破のときの予告編と、カヲル君のあたりが違ってきているような気がしますが。
いろいろストーリーなど変更されたりしてきているので、今更、何があっても驚かない気がします。
今回は登場人物などを確認した人は分かりますが、前回のエヴァの咆哮でサード・インパクトが起こり、その後という設定になっています。
そして、碇ゲンドウ率いるネルフと、葛城ミサト・赤城リツコ率いるヴィレが、碇シンジをめぐって奪い合い。
「エヴァには絶対に乗らんといてくださいね。」
デュアルエントリーシステムのエヴァからロンギヌスの槍をめぐって、アスカエヴァ、マリエヴァとバトル。
そして、フォースインパクト!?
という感じで展開します。
今回のシンジくんは何をやっているんだろう、という感じです。
めまぐるしい展開・新要素の割に、衝撃的に記憶に残るところはなかったです。
そして、次回がラストかあ。
邦画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
監督:庵野秀明
声優:林原めぐみ、緒方恵美、宮村優子、三石琴乃、坂本真綾
邦画特撮「巨神兵東京に現わる
監督:庵野秀明
声優:林原めぐみ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑