映画「インセプション」  久々の巧妙な設定

公開日: 

デカプリオの「インセプション」

「借り暮らしのアリエッティ」がタイミングが合わなかったため、こちらの「インセプション」を観ることを選んだ。
TVのCMによると、かなりの大作のようだが、果たして…。
面白い。
久々に、この世界にはまる映画だった。
どこかで観たような設定が、と思って観ていた。
「アヴァロン」「パプリカ」「メメント」など…。
まあ、色濃く影響を受けているのはやっぱり、「マトリクス」か。
果たしてTVCMの「もっとも感染力の高いのはアイデアである」とは…。
相手とチューブを接続し同時に眠ることで、相手の夢の中に入り情報を盗む。
相手がここが夢の世界だと気づかせずに行うことがポイントだ。
相手の夢に入り込むといっても、ある程度、舞台設定というか世界を作ることができる。
そして、夢の中で死ぬか特定の刺激によって、夢の世界から覚めることができる。
この設定が意外にすごい。そして、確信の部分にとつながる。
この映画の欠点がいくつかある。
最初のうちは、この映画の世界の設定がよくわからずに進んでいくこと。
この映画のポイントがわかったあたりから、妙な急展開過ぎること。
この映画の深いテーマである「もっとも感染力の高いのはアイデアである」が、結局デカプリオの個人的な話で終わっていること。
で、ラストはよくわからない。
でも、久々に震えるような世界観に浸れた。
うん、よかった。
洋画「インセプション
監督:クリストファー・ノーラン
出演:レオナルド・デカプリオ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、エレン・ペイジ
→トラックバック
COLOR of CINEMA:『インセプション』 Non, je ne regrette rien
ワノログ:『インセプション』を見て来た

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 映画:インセプション

     毎日暑いですね~。出かけるのもおっくうなので夏休みでもやっぱりレイトショー。そんなわけで他の書込を見てもすこぶる評判の良いインセプションを観てきました。

  2. インセプション(感想171作目)

    インセプションは劇場で鑑賞だが結論は凄かったよ
    内容は夢に潜入してアイデア盗むスペシャリストが

  3. yanajun より:

    インセプション (レオナルド・ディカプリオさん)

    映画『インセプション(Inception)』は、クリストファー・ノーランが監督・脚本・製作を務め、レオナルド・ディカプリオが主演を務めています。日本人の渡辺謙さんもメインキャストに名を連ねています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想

  4. 『インセプション』 Non, je ne regrette rien

    注・内容に著しく触れています。なお、映画の特性上パンフや批評はまったく読まないで、このブログを書いています。何かを見たり読むことによって『インセプション』の捉え方をインセプションされることになりますか

  5. インセプション

    <<ストーリー>>コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗む…

  6. インセプション

    この映画、実は夏に公開になった時に観たのです。
    で、何でレビューがこんなに遅くなったのかというと、
    実は、映画の途中で寝てしまったのです。
    朝一番の回を観に行ったのですが、
    この夏はとても暑かったせいか、
    物凄く冷房がきつかったのです。
    おまけに首が寝違えてい

PAGE TOP ↑